持ち込み修理の場合

電源が入る状態なら、まずはバックアップを取ろう

普段から、定期的にバックアップを取っておくのが理想ですが、取れていない方も多いですよね。まだ電源が入る状態なら、お店に持って行く前にバックアップを取っておくことをおすすめします。バックアップを取る方法は、パソコンや外付けのハードディスク、DVD-ROM、USBなどに保存し、手元に置いておく方法と、オンラインストレージで保存しておく方法とがあります。保存できる容量の多いパソコンに保存しておくのが一番便利な方法ではないでしょうか。オンラインストレージは、少ない容量なら無料で使えるものが多いため、バックアップしなければならないものが少ない方は、オンラインストレージを利用されるのも良いかもしれません。USBなどはデータが消えてしまいやすいため、一時的な保存にとどめ、長期間のデータ保存は避けましょう。

修理店に持って行こう

壊れたスマホを修理店に持ち込んで修理してもらいましょう。すぐに修理できない場合には代替機を貸してもらえます。スマホを修理に出す際に重要なのは、どのような保険に入っているか、保証期間内であるかということです。保証期間内であれば、修理費用が必要なかったり、減額されたりするため、よく確認しておきましょう。また、スマホを持ち込むお店には、直営店や正規のお店と、そうではない修理業者とがあります。非正規の店舗では、修理費用が安い、修理時間が短い、データが消去されない場合もあるなどのメリットがありますが、非正規の店舗で修理してしまうと、メーカー保証から外れる可能性があるというデメリットもあります。よく考えてから修理店舗を選びましょう。