配送修理の場合

iPhoneを配送修理で依頼する

iPhoneを修理に出す場合、修理のクオリティや使用される交換部品の状況が不安なので、修理業者ではなく正規のAppleサポートに連絡して純正部品で修理したいと思う方も多くいます。ただし地方在住でApple Storeや正規サービスプロバイダが近くにないという場合は、配送修理を頼むことになります。依頼の仕方はとても簡単で、Appleのホームページから配送修理を依頼して電話のよる応対を希望するだけで、担当者と電話を通じて直接修理の段取りを決めることができます。自宅まで宅配業者が引き取りに来てくれるので、その場でiPhoneを預けるだけです。数日でリペアセンターから状況について連絡が来ますので、修理内容と代金を確認して修理を依頼、あとは修理の済んだiPhoneが返送されてくるのを待つだけです。

配送修理で気をつけること

この流れで気をつけることがいくつかあります。1点目は修理に預けている間の代替機を用意することです。昔使っていたiPhoneなどが手元にあればSIMを入れ替えるだけで使い続けることができます。またはプリペイド式の携帯やレンタル機を用意することです。有料になりますが、Appleサポートにはエクスプレス交換サービスというのもあって修理に出している間、別のiPhoneを貸してくれるサービスもあります。配送業者に預ける際にはデータのバックアップを取り、SIMを抜いて、本体は初期化しておきます。このデータのバックアップをしておかないと、修理から戻ってきても内部データを元の状態に復元できません。とても重要ですので忘れずにバックアップを取ります。修理依頼から返送されるまでおよそ3日から5日ほどかかります。なおApple Careに加入しているかどうかでこの工程全ての代金が変わってきます。

修理を公式店に依頼したい方にとって、豊富な選択肢が提供されているエリアが渋谷です。公式店の安心感を求める方はiphoneの修理を渋谷で探すのが、選択肢も豊富で恵まれた環境と言えます。